『日本から!初めての海外がローマ旅行♪な女子のための』地元ローマ市発!イタリア最新【まとめ情報】@在イタリア・ローマ市 Kasumi♪

女子(新婚旅行・カップル)の不安解決!「行って、すぐ役立つ 現地ローマ市発!最新情報」@ローマ大好き!ローマ市在住日本人Kasumi♪

イタリアにも地震はある?【イタリアの地震はなぜ怖い?】地震発生一覧リスト リアルタイム!で揺れがわかる ~ 例:イタリア中部地震(2016年8月24日発生)近年イタリアで起きた大地震 ~

 

【イタリアにも地震が、ある!】ということで「イタリアの地震発生地帯」と「地震履歴一覧リスト」なんかを紹介します。

 

💗このサイトは「こんな女子のあなたに」書いています💗

※「初めて国際線に乗って」ローマ観光旅行をする「日本在住女子」※

日本に住んでいて、初めての海外旅行がイタリアのローマだよ♪

「日本からハネムーン、新婚旅行で行くよ♪」

・治安がいい日本から初めての海外旅行がイタリア、ローマで

「なんだか、ちょっとした不安や心配があるんだよなー」

そして

・とても行きたい!けれどまだ行けない。

・行くのはもう少し先♪

今は「日本のネットショッピングで、楽しみたい♪」そんなあなたは、ぜひ♪

※【日本からはじめての海外旅行で「実際にローマにやってくる日本に住んでいるの大人女子世代」のあなたに。現地ローマ市で実際にあなたの役立つ有益情報を❤】といった主旨で地元ローマ市から発信している。ローマ、現地イタリア最新情報です♪

イタリアに地震はある?

「あります」

イタリアは、日本と同じ火山国です。

イタリアの地震はなぜ怖い?

築100年やそれ以上の建物が多いお国柄

「耐震せいがない」(耐震性を有しない住宅を含む建築物)建物が、ほとんどのため、

日本なら助かる命も助からない。

日本では小さく被害が出ないような地震でも

命がおびやかされるところが、イタリアで地震が起こると怖い部分です。

地震のリスクが高い場所は?ある?

「あります」

どこ?地震リスクが高い場所

下の「イタリアの地震リスクマップ」の特に

超ハイリスク地域の「紫」、そして「赤」、「オレンジ」に色分けされている

「アペニン山脈」沿いを中心に、ほか「イタリア北東部」一部地域です。

 

近年、寛大な被害を出したイタリアの地震は?

2016年に起きた「イタリア中部地震」

地震は2016年8/24現地時間未明3時36分に発生し、多数の死傷者と大きな被害を出しました。

マグニチュード(M)は、6.0の地震で、震源は黄色い☆マークのところです。

現在でも余震は続いているの

続いています。

回数はずっと少なくなりましたが、まだ小さな揺れがあります。

余震が続いているのはどの地域?

上の図の「青い円で囲んだ、中心近辺」になります。

冒頭で紹介したように

この地域はもともとイタリア国内でも地震発生リスクがとても高い場所とされています。

【あわせて読みたい!関連情報♪】

▷▷備えたい!あってよかった【防災グッズ必需品-地震・大雨-】

▷▷ 第9波備え【コロナ、買ってよかった!】

地震発生履歴一覧リスト・地震関連図

今回紹介する「地震発生履歴一覧リスト」と「地震関連図」は、INGV(イタリア国立地球物理学火山学研究所)のものです。

INGVは、ヨーロッパで最大といわれる地球科学関連研究機関になり、信頼の置ける機関になります。

イタリアの中でもローマやローマ近郊は地震が少ないほうに入り、地震の揺れも数年に1度揺れを感じるか感じないかといった頻度なのですが、その稀な揺れを感じたときに真っ先に確認するのはINGVの「地震発生履歴一覧リスト」と「地震関連図」です。

イタリア国内ほかの地域の町や村近辺で地震があったときには、必ず出向く前にチェックをします!

地震発生履歴一覧

 上が「地震発生履歴一覧リスト」です。

日本にもこんな一覧あるよねー。こんな感じでイタリアにもあります。
イタリア国内の地震発生状況が、ひと目でわかって便利!
リスト内にある町の近郊で発生が観測された、地震になります。


地震発生履歴一覧では、今、現在、イタリア国内で起きている地震(余震含)発生状況が、24時間のリアルタイムで確認できるようになっています。

※一覧を確認したいあなたは、ここから♪
リストの右上で言語、左上で見たい期間、マグニチュード、国名になってるかを見て、チェック!
気になる地震の部分をクリックすると、震源の場所の地図・詳細などなどほかにもたっくさんの情報が得られるので、興味のあるあなたはあちこちクリックをして、自分が欲しい情報を集めてみてください。
※マグニチュード4.0以上の地震は、ここから♪

耐震建築が進んでいないイタリアにて、油断できないとても大きな規模の地震として、扱われることが多いです。
今回の地震報道で、大きな余震で救出作業がストップして進まない
といったレベルがこの規模で、実際にアマトリーチェで大きなダメージを受け半壊した建物や橋の一部がさらに崩れていますから。

”余震・地震が続いているのは、この地域”
90日間の地震の発生場所(震源)をまとめたもので、8/25発表のものです。
アペニン山脈沿いの、大小さまざまな色の丸がある地域
とりあえずローマやローマ近郊とはまた違った別の地域です



”2016年8/29発表のもの”

過去90日間(3ヶ月)でどのあたりで地震が頻発し、震源がどう動いているかがひと目でわかります。
赤丸が1時間、オレンジが24時間、黄色が72時間、青が90日以内の発生
丸の大きさは、地震の規模マグニチュードを現してます



これから自分が行く、行こうとしている町やその近辺で地震が起こっているのかなー?余震の揺れはどうなんだろう?
とても気になり心配している人が、たくさんいると思います。

そんなとき、現地に住んでいる在住者に聞いたとしても
はっきりとしたこと、正確なことってわからないです。
なぜなら、そもそも人の感覚は当てにならないものだと思うし
特に小さな揺れなんかだとね、その人がいた場所や状況、感じかた
そして危機感や情報収集の幅も人それぞれで、気休めにはなるかもしれないけれど
みなさんが本当に欲しいと思っているような、正確な地震情報を得るのは難しいでしょう。

メディアを含め違った情報が飛び交い、交錯しているような状態のときでも
この一覧を見れば、一目瞭然のズバリ!わかります。

”余震がまだまだ続いている地域のピックアップ図”

2016年8月24日に起きたM6.0の本震から,2016年9月1の19時現在までに地震が発生地点の蓄積データになります


あなたが旅の安全を考える上での有効な判断材料の1つになると思うので、役立てばうれしいです。

 

🔶あなたが実際に行く!町から発信されている情報をチェックしよう!

このサイトは

「実際にあなたが観光・ショッピング・グルメを楽しむ、ローマ市に住んでいる「ローマ市在住の私、Kasumi♪」が書き頻繁に更新しています💖

長引く「コロナ禍」と「ロシア・ウクライナ情勢不安」が今も続くなか、「イスラエル・パレスチナ情勢」の悪化etc.etc. イタリア・ローマの街中も、以前とは大きく変わってきています。

具体的に「どんなところが変わったのか?」というと、

例えば、「お馴染みだったり、お気に入りだった店」、はたまた「有名なレストランやブティックまでもがつぶれ」て店を閉めていたり、「別の場所に移転」していたり、「店の外観は以前とまったく同じでも、オーナーが変わり料理の味が以前とは変わり、味や品質が落ちてまずくなっていたり」etc.etc.

といったことが、

あちこちで起こり毎日のように変わっている状態で、この先もまだまだそういったことが続くと予想され、治安もまたしかり(悪くなっている)。

 

といったことで、

今、現地から発信される最新情報を集め、しっかりチェックしていくことがなによりも重要で大切になっています。

 

「次の旅行は、イタリア!」「ローマに行くよ!決めているよ♪」

そんな日本からイタリアにやってくる女子で、
「初めての海外旅行がイタリア、ローマ!」
海外旅行が初めてなだけに

「なんだか心配、実はちょっぴり不安だったりもするんだよなー」

そんなあなたは


あなたの旅先で私の地元になるローマ市から、Kasumi♪が発信する

生現地情報を楽しみながら、「現地イタリア、ローマで実際に役立つ!使える旅情報を収集、チェック!」して、安全で楽しい旅行をしてくださいね❤❤❤️


人気ブログ ランキング

 
by BenciVenga Kasumi ROMA
Copyright(C) 2018-
All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
すべてのコンテンツ(写真、記事、動画・画像等)の「無許可」による
引用・転載・複製・公衆送信・販売etc.の使用を禁じます。
プライバシーポリシー・免責事項・著作権
※当サイトの著作権侵害・誹謗中傷・迷惑行為への対応と対処について※
【固】2023.02.08  0925


Kasumiろぐ
在ローマ17年の私がお届け!「イタリアに行って、すぐ!役立つ」女子のためのローマ・イタリア最新情報

リンク・フリーです(^_-)‐☆

by BenciVenga Kasumi ROMA
Copyright(C) 2018-
All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

すべてのコンテンツ(写真、記事、動画・画像等)の「無許可」による
引用・転載・複製・公衆送信・販売etc.の使用を禁じます。
プライバシーポリシー・免責事項・著作権
※当サイトの著作権侵害・誹謗中傷・迷惑行為への対応と対処について※
PVアクセスランキング にほんブログ村