Kasumiろぐ - 女子のためのイタリア❤現地情報 -

「イタリアに行って、すぐ!役立つ」ローマ・イタリア最新情報

食べなきゃ絶対に損!【イタリアの春限定野菜・地域限定の食べ物5選】

f:id:kasumiroma:20190220071201j:plain

イタリアで食べなきゃ絶対に、損!

そんな「イタリアのおいしい!春限定や地域限定の食べもの」を紹介するね!

 f:id:kasumiroma:20190220014613j:plain

🔸プンタレッレ

ローマ地方原産の春野菜です。

プンタレッレは(Puntarelle)と書き、イタリアではちょうど冬のクリスマス前あたりから春先までのほんの限られた時期に出回る季節野菜。

近年はミラノなどイタリアの別の地域でも食べることができるようになってきてはいるようですが、まだまだローマ地方以外で食べることは難しく、産地ローマで食べるほうだ断然おいしいと思うので、ローマに来て食べなきゃ絶対に損する!料理になります。

プンタレッレって、どんな味がするの?

生で食べることができシャキシャキとした歯ごたえがあり、みずみずしさとほろ苦さを一緒に持ち合わせ、独特の味わいが病みつきになる野菜です。

プンタレッレは、どうやって食べるの?

プンタレッレの産地ローマでの最もポピュラーな食べ方は、シンプルなサラダです。

プンタレッレに鰯オイル漬け、チューブ入り鰯ペースト、ケッパー、酢、エキストラ・バージン・オイル、好みでにんにくの摩り下ろしを混ぜ合わせて食べるんですよ。

f:id:kasumiroma:20190220014051j:plain

レストランではどんな「プンタレッレ」料理が食べれるの?

例えば写真の「クリーム入りモッツァレラチーズのブッラータとプンタレッレのミルフィーユ」などモッツァレッラ系チーズ料理で出されることがわりと多いです。

もちろんひとつ上で紹介した、ローマのひとたちの家庭料理シンプルなサラダを出す店(トラットリア(大衆食堂)やフードコートなど)もあります。

 

f:id:kasumiroma:20190220005354j:plain

🔸ソラマメ

ソラマメはイタリアで「ファーヴェ」(Fave)といい、イタリアでは2月の中旬くらいから4月いっぱいくらいまで楽しめます。

ソラマメは、どうやって食べるの?
日本と違い「若い生のソラマメ」を「ペコリーノチーズ」と一緒に食べて楽しみます。ソラマメとローマ産ペコリーノチーズの組み合わせは、相性抜群!
とってもおいしい私の大好物です。
※注意※
食べ過ぎることにより中毒症状を出す場合もあるということで、食べ過ぎないようにしたほうがよさそうです。 

 

f:id:kasumiroma:20190220005441j:plain

レストランではどんな「生そら豆」料理が食べれるの?

サラダのトッピング、お酒のおつまみとして選べることがあります。

また、シーズンにはスーパーの野菜売り場にも並び、ペコリーノチーズと一緒に簡単に買って楽しむことができるのですぐ下で紹介するね。

イタリアでの食べ方を教えて!
食べ方はとても簡単!
ソラマメのサヤをむき、取り出したばかりの生のそら豆を、口にポ~ン!と2、3個放り込み、すぐさまペコリーノの塊を、ポリッポリと大胆にかじって口の中で、この2つの味を調和させながら食べる!これがオイシイ食べ方です。
  
「美味しく食べるためポイント」ってある?!
ある!ある!絶対外せいポイントは「そら豆とペコリーノを、別々に食べないこと!」ココが大切。 別々に食べちゃうと、このなんともいえない独特の旨みおいしさが伝わってこないんです。
 

f:id:kasumiroma:20190220003720j:plain


イタリアでおいしい「ペコリーノ・チーズ」を教えて!
イタリアでおいしいペコリーノチーズを産出していることで特に有名で名高いのが「ローマ(ラツィオ州)」と「サルデーニャ州」です。
※ペコリーノチーズは、ハードタイプで塩辛い羊のチーズのことです。
 
ローマに旅行でやってくるあなた!
ローマの郷土パスタカルボナーラやアマトリチャーナに使われるローマ産ペコリーノ・チーズを選んでたべましょう。
せっかくローマにやってきたなら、本場地元ローマのおいし~いものをで食べなきゃ、損よ!名産品は本場地元で食べるのが1番おいしいです。
 
ソラマメと一緒に食べるときのペコリーノチーズのおすすめは?
ブロックをかじる!
薄切りでもいいんですけどね、スーパーなんかでブロックを買ってきてちょっと折って、ボリボリかじるのが1番おいしい!
逆に「粉チーズは、ダメ!」おいしさ堪能したいなら、固まりをかじるに限ります。
また赤ワインを飲みながら食べると、より一層おいしいです。お試しあれ! 
 

f:id:kasumiroma:20190220012657j:plain

🔸丘ヒジキ

丘ヒジキはイタリアで「アグレッティ」(Agretti)といい、4月前後が食べごろになります。 イタリアの丘ひじきは日本の丘ひじきとはまた少し異なり、高級春野菜の仲間に入ります。 
 
丘ヒジキをどうやって食べてるの?
サッ!と茹でレモン汁を、ギュッ!っと絞って食べる。
シンプルなサラダやパスタに混ぜて食べるとおいしいです。
 
レストランではどんな「丘ヒジキ」料理が食べれるの?
前菜やパスタ、サラダなどのメニューに上ったり、ウエーターから直接おすすめメニューとしてアドバイスされることがあります。
 
f:id:kasumiroma:20190220062749j:plain

🔸アスパラガス

アスパラガスはイタリアで「アスパラジ」(Asparagi)といい、イタリアで3月から6月くらいまで楽しめます。

 

f:id:kasumiroma:20190220063408j:plain


レストランではどんな「アスパラガス」料理が食べれるの?

甘くて柔らかい春アスパラガスにレモンとオレンジの酸味と香りがさっぱりとして爽やかな写真の「アスパラガスのキタッラとオレンジとレモンソース」など、柑橘系パスタなどがあり、おいしいおすすめです。

 

f:id:kasumiroma:20190220060941j:plain

🔸カルチョーフィ

日本でいう「アーティチョーク」

カルチョーフィはイタリアで「カルチョーフィ」(Carciofi)といい、イタリアでは10月から5月くらいまで楽しめます。 

 

f:id:kasumiroma:20190220061031j:plain

「カルチョーフィの種類」は?
イタリアで食べられているものには、いくつかの種類があるのだけれど、ローマにやって来るあなたにおすすめなのが、ローマのひとたちが好んで食べシーズンになると街中で数多く見かける「カルチョーフィ・ロマーノ」というローマ種のローマ産のものになります。
 
「カルチョーフィ・ロマーノ」の見分け方はある?
あります!
「イタリアのほかの地域の細長いカルチョーフィ」に比べると一目瞭然!
「ローマ産のものはまん丸、太っちょで上の写真のようにコロッコロしてますす。とっても可愛い形をしているので、すぐにそれとわかります。
本場!ローマの郷土料理が食べたいあなた、まん丸のカルチョーフィを食べていくのだよ!
レストランではどんな「カルチョーフィ」料理が食べれるの?

ローマでは「ユダヤ風アーティチョーク」と「ローマ風アーティチョーク」が代表的な食べ方になり、ローマの一般家庭でも作ります。

f:id:kasumiroma:20190220070507j:plain

こちらの写真は「Carciofi alla giudia -wiki-」からお借りしています。

 

・「ユダヤ風アーティチョーク」

イタリアで「カルチョーフォ・アッラ・ジュディア」(Carciofi alla giudia )といい、アーティチョークを丸ごと、エキストラ・ヴァージンオリーブ・オイルを使って素揚げした、素材が勝負!のシンプルな料理になります。

 

f:id:kasumiroma:20190220070959j:plain

 ・「ローマ風アーティチョーク
イタリアで「カルチョーフォ・アッラ・ロマーナ」(Carciofi alla romana)といい、ローマの郷土料理でユダヤ風よりもさっぱりとした煮込み料理になります。

🔸旅のおすすめサイト 

イタリア語はできないし、英語も苦手だなーという、あなた。
ローマのレストランを日本語で簡単予約できちゃう、「グルヤク」いいよー。
・24時間いつでもネットでそれも日本語だけで海外レストランの予約を手配ができる。
・まっぷるとかことりっぷを出版する旅行ガイドブックの昭文社が公式に運営。
だから、安心!要望やリクエストも書き込める。 
・海外レストランの予約実績がある国内NO.1の予約サービスです。
 
例えば、ローマのレストランで1番人気ともいえる「ロッショーリ」

ローマの伝統パスタ料理「カルボナーラ」で評判の高いイタリアレストランで、普段から予約を入れて行くことがお決まりになっている店の代表です。
こんな感じの人気レストランは、早目に予約して
食べそこなわないようにしておくといいですよ!^0^
 
 

 

【あわせて読みたい、関連情報♪】


 

プライバシーポリシー・免責事項・著作権

 




Kasumiろぐ
在ローマ10年の私がお届け!「イタリアに行って、すぐ!役立つ」ローマ・イタリア最新情報

リンク・フリーです(^_-)‐☆

by BenciVenga Kasumi ROMA
Copyright(C) 2018-
All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

すべてのコンテンツ(写真、記事、動画・画像等)の「無許可」による
引用・転載・複製・公衆送信・販売etc.の使用を禁じます。
プライバシーポリシー・免責事項・著作権
※当サイトの著作権侵害・誹謗中傷・迷惑行為への対応と対処について※