Kasumiろぐ -『女子のため』のローマ❤イタリア最新情報 -

旅の不安解決!「日本からはじめての海外旅行!イタリアに行って、すぐ!役立つ」在ローマのKasumiが現地ローマ最新情報をお届け2019/2020

要注意!熱波のヨーロッパ【気温43℃ってどんなの? 猛暑対策・暑さのしのぎ方】2020ローマ・イタリアの暑い月7月8月

f:id:kasumiroma:20190605000438j:plain

今年2019年も強烈な熱波!がヨーロッパを襲う中

実際にローマで気温【40℃超え(41℃~43℃)を記録した2017年の夏を例に猛暑対策・暑さのしのぎ方】を、朝から晩までの1日を時系列でわかりやすく紹介します。

初夏から秋のはじめにイタリア旅行を計画しているあなたは、目を通しておいてくださいね! 

f:id:kasumiroma:20190503002341j:plain

「熱波ってなに?」

熱波とはサハラ砂漠の暑く湿った大気「アフリカ性熱帯高気圧」のことです。

 

「イタリアにも猛暑はあるの?」

あります!それも毎年。

世界的に異常気象が続く近年、日本も真夏の最高気温が40℃近くなったり実際に40℃を超えるところが多くなってきていますよね。実は海外のヨーロッパの国イタリアも同じです。

「猛暑」とは、気温何度から?

日本の気象庁が設定している「猛暑日」

・猛暑日-最高気温が35℃を超える日のこと

・真夏日-30℃を超える日のこと

「イタリアの猛暑」

猛暑(最高気温35℃を超える日)は、普通に毎夏のことです。

またそれ以上、今回紹介する気温40度を超える「スーパー酷暑」もきていて、ローマで過去私が体験したのは1年以上前だったかな?と2017年の夏の2回。

2017年は40℃は超えの日(正確に言うと41℃~43℃)が、10年前(42℃)のような1日だけではなく、連続して数日間続き今までにない超スーパー猛暑でそれはそれは暑さが厳しい年になりました。

f:id:kasumiroma:20190614212528j:plain

今度そんな暑さがいつ来るかはわからないけれど、今年2019年の夏は暑い!6月中旬の時点ですでに35℃を超える猛暑、そして最高気温40℃を超える予報がでたりしているので、しっかり対策をすること!

近年はイタリアも猛暑を超え酷暑の夏がと・て・も多いのが現状なだけに「事前の注意と対策」これがポイント!とても大切になってきます。

「ヨーロッパの夏は湿度が低く、さらっ!としていて過ごしやすい?」

ヨーロッパの夏は湿度がなく、さらっ!としていて過ごしやすい。っていわれるけれど、近年、ローマやフィレンツェなどなど多くのイタリアの町では湿度が高く(特にローマでは夜から90%を超えることがある)なってきており、気温25℃を超える熱帯夜ともなると我が家はエアコンなしではとてもじゃないけど眠れないです。また日中でも湿度がとても高いなんて日になると汗が流れ全く過ごしやすくないです。 

イタリアの夏「40℃を超える町・地域」は、どこ?

どの町や地域になるかは、わからないです。

なぜなら、大きな原因になるアフリカの熱大気をまるまるイタリアに運んでくる「アフリカ性熱帯高気圧」の強さやイタリアのどの地域に張りだすか、またどのくらい停滞するかによって違ってくるからです。

「夏の暑さが厳しく注意」するべきイタリア町ってある?

f:id:kasumiroma:20190625185012j:plain
「盆地」です。

日本でもそうですが、例えば京都は夏は暑さ冬さが厳しいことで有名ですよね。

それと同じです。上で触れたとおり「アフリカ性熱帯高気圧の張り出し方と規模」にもよりますが、イタリアの場合は「フィレンツェ」や「ボローニャ」、そして意外や意外イタリアの北の果てオーストリアとの国境にある州トレンティーノ・アルトアーディジェに属するボルツァーノの町なんかは盆地になり、ローマよりも遥か北に位置するにも関わらず夏の気温がとても高く、なんと!ローマより暑いことがよくあるので、

真夏にフィレンツェなどの盆地に行くあなた、より一層しっかりと熱中症対策をして観光すること!

🔸強烈!過ぎる陽射し【日焼・熱中症対策グッズ10選】🔸

【ローマ気温41℃】1日を時系列で見る暑さ対策・注意・しのぎ方

f:id:kasumiroma:20190604234307j:plain
朝:気温41℃を超えた日

朝、すでに陽射しは強烈!とても強くて暑い。

ただ、まだ空気が熱せられていないので日陰に入れば涼しいというか普通に過ごせます。 
※対策:「朝のうちにやっておくべき」こと※
(屋外での)買い物や食事をしておく!
それも朝も早いうちに行くこと。
なぜなら、午後は暑すぎて外出に向かないことまた夜もスーパーが閉まる19時半から20時くらいになってもイタリアでは日が高く暗くならなず、アスファルトや壁からもわっとした熱が一斉に放射され日中以上に気分の悪くなる暑さだから。  

 

室内


※対策:「室内を涼しく保つ」には※

f:id:kasumiroma:20190604234332j:plain
1.早朝まだ冷たく涼しい空気が入るうちに家中すべての窓を開け、新鮮な空気に入れ替える。

2.日が当たる部屋は日差しが入らないようにこうやってセランダを下げ、窓をしっかりと閉めて室内の涼しさを保つ
日本もそうですよね!一方の日の当たらない部屋で空気が暑く熱せられていない場合は窓を開けたりしてます。日本に比べエアコンの普及率が低いイタリアでは、こうやって室内が暑くなるのを防ぎます。
イタリアの家にはエアコンがないってホント?
うんん、ありますよ!
ただ地域によっては必要がないほど涼しいために無かったり、また各家庭(経済状態・好き嫌い)によりかなりの差あります。
 
ローマの場合
近年の暑さは異常で昼間の暑さだけではなく、夜は夜で熱帯夜が続いたりしているので、エアコンなしではぐっすり眠ることができない状態ですね。
 
寝つけない日が続けば昼間の生活・仕事にも大きく影響し、なにより体調を崩したのではしょうがないので我が家(私は本来エアコン嫌い)もそうだけれど、さすがに近年の猛暑や酷暑でエアコンなしでは生命の危機に陥り、実際に亡くなる方も多いだけに私の周りの人たち(外国人)の熱中症対策として皆、家に少なくとも1台はエアコンを保持し上手く使いながら暑さをしのいでいます。 

 ※イタリアの猛暑!旅先でのポイント※

ホテルの部屋は冷房なしか冷房あり、どちらがいいの?

「冷房ありの部屋」を選ぶこと!

自然相手のことなのでたまに冷夏もあり、なんとも言えないのではありますが、
2017年に引き続き今年2019年のイタリアを含むヨーロッパでの猛暑ではフランスで史上最高気温45℃以上を記録し、イタリアのミラノでも死者がでています。
こんな感じで近年はいつ猛暑が襲ってくるかがわからず、「近年の夏は猛暑(気温35℃以上)を通り越した酷暑が多い」ということ。
 
また忘れちゃいけないのが「治安の問題」ですね、特に女性のあなた。窓を開け放つのには大きな不安とリスクを伴うことを忘れないように。
旅先で気分が悪くなったり熱中症や治安のリスクや不安を避けたけいのであれば、選びましょう。
 
※ポイント※
あなたが絶対に行きたい!観光地すぐそばのホテルを取る!
公共交通機関の不意のストライキだけではなく、近年猛暑や酷暑が襲ってくることが多くなったイタリアはローマの街中歩き、観光やショッピングにも便利です!

また、ローマを拠点に(空港との往復)テルミニ駅から列車や空港経由の飛行機でリゾート地に向かってバカンスを楽しむあなたなら、テルミニ駅すぐそばのホテルが便利!

ホテルなど宿泊施設でも鍵をかけて出かけることを忘れてはならないだけではなく、日が当たる部屋は出がけにはしっかり「雨戸を閉めてから外出すること」を忘れずに、そうしないと帰ってきたときに部屋の中が暑く入った途端気分を悪くすることがあります。
 
冷房のないホテルを予約したあなた。
このブログ「Kasumiろぐ - 女子のためのイタリア❤現地情報 -」に辿り着いたのがすでにホテルを予約した後で部屋の変更もできない、あなた。
天気予報を見て暑いようなら、日本から熱中症対策グッズを持ってきてしのぐといった対策を取ることが大切になってきます。詳しくは↓の記事でまとめています。

屋外の気温41℃、その時の我が家のエアコン設定温度は?

f:id:kasumiroma:20190604234406j:plain
「31℃」(笑)

真冬なら暖房の温度設定だけど、外出を考えるとあまり気温差があるのは体に悪いと思うんですよね。とはいっても、これでも10度の気温差があるんですが、これ以上設定温度を上げたくないんですよね、体調が悪くなるので。

31℃の設定でも外が暑すぎるからか、わりと涼しく快適に過ごせたって、面白いものです。 

屋外

日中は出歩けるの?

出歩けるけれど、全くすすめません!

まさにアフリカ!も・ん・の・す・ご・く・暑すぎて外出できない、レベル! 

イタリアの夏の暑さというのは40℃を超えなくても、日差しがとても強く「オーブンでジリジリと焼かれる暑さ」が特徴。

例えば、アフリカのビーチリゾート(日中の気温45℃以上)にしか行ったことがないけれど、ガイドブックなんかを見ると日中は出歩かないように注意が促されてますよね。それと同じだと思ってください。

 

また上でも書きましたが、ローマを含む大都市では、アスファルトの照り返しが強烈で、上からの陽射しの強さだけではなく下からもこういった暑さがきます。アスファルトの照り返しの暑さはもわっとしていて、気分が悪くなってくるといった点にも注意が必要です。

 

🔸イタリアにも「熱中症」ってある?

ありますよ!

※十二分の注意が必要。

イタリアでも熱中症で亡くなる方は多いです。

特に高齢者や子どもが多いのですが、体力がない疲れが溜まっているというあなたも注意すること。

 

🔸対策:夏のイタリア観光!注意と日本から必ず持ってくるべき物

イタリアの強烈な日差しを侮っては、ダメ!

町中でも日差しによる「ヤケド!」をします。

紫外線が強い海や山ではなく、街中でも「日焼け対策しっかり忘れずに!」すること。

熱中症の原因の1つ「直射日光」を避け、頭皮や髪が日焼けでパッサパサになるのを防ぎたいあなた、帽子だけは日本から絶対に持ってくること!ちなみにローマにも帽子は売っているけれど、UVカットはないからです。

メトロの中

f:id:kasumiroma:20190604234451j:plain
夕方5時を過ぎてますが、屋外の気温はまだ39度近くあるという40℃超えをした数日間の中で1番の暑さの日でした。 

メトロの駅までの道のりが普段よりとても長く感じ、アスファルトの照り返しともあ~んとした暑く湿り気を含んだ空気が熱波のごとく襲ってくるんですよね。

用でもなければ、この時刻でも出かけないほうがいい。いや、ホント半端じゃない暑さ。

※冷房のないメトロ、要注意!※

必ず「冷房ありに乗る!」こと 

えー、冷房がないメトロなんて走ってるの?

走ってます! 

ローマのメトロ、特にB線(青色車両)の中には未だ冷房がないものがあります。

まるで暖房が入っているかのように、と・て・も暑く気分が悪くなってくるので絶対に乗らないこと!

冷房なしはほとんどひとが乗っておらず空いていて座れるけれど、窓が開いていてもとにかく暑い。通勤ラッシュと当たり混んでいれば、汗の臭いが充満!また空いているときでもアンモニア臭がしたりして、私は気分を悪くしたことがあるのでそれ以来冷房なしは見送るようにしていて乗ってません。

そんな思いをするのを避けたいあなたは、冷房なしのが来たら見送り冷房ありが車で待ちましょう!

冷房列車はちょっと待てばすぐ来るの?

冷房なしはあまり走っていないので、1本見送れば大抵次に冷房ありが来ます。

またバスのほうも冷房なしと冷房が壊れている場合も多いので、注意すること!

【ローマ気温41℃】の日のテルミニ駅構内

f:id:kasumiroma:20190604234521j:plain

クーラーがギンギンに効いていて、あー、涼しーい、天国!といった感じではないです。特に開け放たれた地上1階は立ち止まっているだけでも汗ばむくらいだったりします。が、普通に人間として過ごせます

※ポイント※

地上1階よりも地下1階のほうが涼しいです。
 

ジェラテリアで、冷を取ろう!

f:id:kasumiroma:20190604190325j:plain

テルミニ駅構内には数件のジェラテリアが入っておて、バール(喫茶店)などでもジェラートが買えるところもあるから、冷を取るのにピッタリ!

しばし冷を取りながらショップをのぞきながら、体力を回復します。 

 

バスの中(市内バス)

f:id:kasumiroma:20190729081547j:plain
車内は冷房が効いていて涼しかったのですが数日続いた並々ならぬ暑さ(40℃超え)でイライラしている乗客が多く、普段はもめごとになるでもないほんのちょっとしたことでいざこざが起こり怒鳴っているひとまでいて、まさにカオスな状態でした。  

※冷房がない・壊れたバスにも、要注意!※

バスのほうもたまに冷房のないものがあり、また冷房が壊れているバスもとても多いので注意してくださいね!

※混雑するバス内でのトラブル避ける、対策※

こんな感じの混雑した車内に大きなスーツケースや荷物を持ち込み、知らずと人に当たり謝らなかったりすると、イライラを募らせている乗客の中にはトラブルを起こす人がいるので、注意!

※対策※

昼間などの空いている時間帯を狙って乗る、タクシーを利用する、またこんな時こそ滞在場所と行きたい場所の往復でハイヤーを頼んでおくと安心です。 

 

観光客の姿

f:id:kasumiroma:20190604234743j:plain
運よく座れた観光客の姿です。

疲れがどっと出て、もう、ぐーーーったりな姿多数あり。普段の夏でもこんな人たちは1度も見たことなし。いや、こんなにグターっとしていたらローマではスリにやられるからそれではダメ!ということなんです。

この年は気温40℃超える日が数日続いただけではなく、その前後にも気温38℃前後の日続いていて、と・て・も暑かったんです。

そんな中、1番暑い時間帯に屋外を中心に観光してたとすれば、さすがにこうなってしまうよね 。 観光客は旅の疲れもあり悪くすると熱中症です。

※大切なポイント!※

「しっかり体力をつけて臨むこと!」これ鉄則。

普段のイタリアも体力勝負のところがあるのだけれど、近年のイタリアもローマの夏は冗談抜きで体力勝負これに尽きます。

真夏のイタリアにやってくるあなた!普段から無理なダイエットをして体力が落ちていると、体調を崩すので注意!。

これで熱中症になったりすれば、せっかくのあなたのイタリア旅行が台無しです。エアコンはあるも病室にこもりっきりになっちゃうので、気をつけるように。 

※対策※

今から「しっかりと食べほんのちょっぴりでも体力をつけておきましょう!」

と、イタリアは日本と違いどちらかというと、ぽっちゃりしているほうがモテます。


▷ダイエットは日本に帰ってから

すぐはじめるよう準備して、行こう!  

f:id:kasumiroma:20190604235051j:plain
かくいう私も、夏は体力勝負なことが十二分にわかっていているだけに、体力を落とすようなダイエットはせず、フィットネスで引き締めるくらいに留めてます。

それでもこの年は40℃超えだけではなく連日の暑さ(38℃前後)のためか頭がぼーっとしていて、冷房のないメトロに乗っちゃうといったこともありました。 

🔸防犯につながる、大切なこと!

「しっかり食べて睡眠を取ること」

私も日ごろから注意していることです。

 

なぜなら、夜眠れないと翌日の観光に大きく影響してきます。頭がぼーっとしていてそれがわかればスリのターゲットになり、万が一被害に遭ったときにも最小限に食い止めることが難しくなるからです。

※対策:ぐっすり睡眠を取る※

暑ければエアコンを入れ、疲れていれば無理に観光をしない。

なにより十分な睡眠と栄養を取ることが大切」です。

 

昔は違ったそうですが、近年のローマは夜から湿度が上がりはじめ日の出前は湿度90%を超えるなど、日本並みの暑さの熱帯夜がくるんですよ。

エアコンのない部屋では暑くて眠れないことが多くなってきています。

また(部屋にいるときに)窓を開けていると蚊が入ってきます。

 

テルミニ駅、夜の22時

f:id:kasumiroma:20190604234854j:plain
気温は32℃を超えています。

風は温風夜になっても、日中強い太陽光線に熱せられた建物の壁やアスファルトから、強い熱が発せられ続けているんでなっかなか下がってこないのが現状です。

🔸寝苦しい夜は「美しいローマの夜景を見に散歩」に行でかけるのがいい!🔸


近年のイタリア「夏の天気の傾向」

・北イタリア、雨が多く天気が安定せず土砂崩れなどが発生

・南イタリア、雨が降らず海に行くにピッタリだが猛暑が多い。

こんな感じです。

異常気象ですよね。もはやイタリアや日本に限ったことではなく世界的なものですが。

といったことで、今回は私が在住するローマを取り上げましたが、猛暑などの異常気象はもちろんローマだけのことではなく、イタリア全体で当てはまります。 

※まだまだ追記したい情報がたくさんあるので、更新していきますね!

 

【あわせて読みたい、関連情報リンク♪

ローマから日帰りで訪れるひとが多いフィレンツェになると毎夏のように気温40℃前後を記録しているので、ローマだけではなくフィレンツェ観光をするあなた「熱中症対策を怠ることのないよう」にね!

 
by BenciVenga Kasumi ROMA
Copyright(C) 2018-
All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
すべてのコンテンツ(写真、記事、動画・画像等)の「無許可」による
引用・転載・複製・公衆送信・販売etc.の使用を禁じます。
プライバシーポリシー・免責事項・著作権
※当サイトの著作権侵害・誹謗中傷・迷惑行為への対応と対処について※
 



Kasumiろぐ
在ローマ10年の私がお届け!「イタリアに行って、すぐ!役立つ」ローマ・イタリア最新情報

リンク・フリーです(^_-)‐☆

by BenciVenga Kasumi ROMA
Copyright(C) 2018-
All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

すべてのコンテンツ(写真、記事、動画・画像等)の「無許可」による
引用・転載・複製・公衆送信・販売etc.の使用を禁じます。
プライバシーポリシー・免責事項・著作権
※当サイトの著作権侵害・誹謗中傷・迷惑行為への対応と対処について※
PVアクセスランキング にほんブログ村