Kasumiろぐ - 女子のためのイタリア現地情報 -

在ローマ10年の私がお届け!「イタリアに行って、すぐ!役立つ」ローマ・イタリア最新情報

現地で嫌な思いをしたくない「簡単!大人のイタリア語」【コミュニケーション:基本フレーズ②】

 

f:id:kasumiroma:20181028234604j:plain

イタリア在住10年の私、ベンチヴェンガ KasumiROMAが

現地イタリアで「大人がイタリア語を使うときに、注意したい知っておきたい」

ポイント交えながらわかりやすく説明していく、現地で使える!「大人のイタリア語」の第2回目です。

 
今日は挨拶だけではなく、イタリア人と簡単なコミュニケーションをとるときの言葉を紹介していきます。
 
 【まだ読んでないひとは、GO!】1回目は、こちら!

「現地で嫌な思いをしたくない「簡単!大人のイタリア語」【基本フレーズ①挨拶】」

 

 【基本フレーズ②コミュニケーション】

「混雑した場所を通るとき」に使う言葉。

◆Permesso(ペルメッソ)
1.すみません。

2.失礼します。おじゃまします。

1.混雑した場所で前に人がいて通れないとき

電車やバスなどの公共交通機関内の乗車や下車のときやお店や観光スポットなどでよく使います。

 

2.オフィスや個人の家に入るとき

日本でも「失礼します」とか「おじゃまします」っていいますよね

それとまったく同じ感じになります。

オフィスなら各部屋に入るとき、一般家庭なら玄関に入るときに

「ペルメッソ」と言って中に入ります。

また、病院で診察室に入るときにも使います。 

 

※大人のイタリア語 まめ知識 ※

イタリア(ヨーロッパ)では、混雑した場所で人を押したり、押しのけたりすることはマナー違反になりひんしゅくを買います。

また押された相手だけではなく、自分自身が嫌な思いをすることになることがあるので、前に人がいて通れないような混雑した場所では、まずはじめに前にいる人に「ペルメッソ」と一声かけてから通らせてもらうようにしていきます。

   

「(呼び止め)何かを訪ねるたり、謝るとき」に使う言葉。

◆Sucusi(スクーズィ)
すみません。

「店員さんを呼んで何かを尋ねたい。」、「レストランでウエーターを呼びたい。」

 また「謝るとき」に使う丁寧な言葉になります。
 

※大人のイタリア語 まめ知識 ※

例えば、電車やバスの揺れで人の体に少しでも自分の持ち物や自分の体が触れた場合。こちらではすぐに謝るのがマナーになっています。  
 
 

「お礼や感謝の気持ちを表すとき」に使う言葉。

◆Grazie!(グラッツィエ)

ありがとう!

 お礼や感謝の気持ちを表す言葉で様々なシチュエーションで使うことができます。

 

※大人のイタリア語 まめ知識 ※

レディーファーストがマナーになっているイタリアで

例えば、男性がドアを押さえあなたを先に通してくれたとします。

そういたときには、さらりと爽やかな笑顔で「グラッツェ!」とお礼をいいましょう。

ツン!と澄まして無言で通るのはマナー違反、これも大人のマナーになってきますね。

 

※ココ!が、ポイント※

「グラッツィエ」の発音
これは余談になるのですが、日本人に多くみられるのが「グラッチェ」といった発音です。この部分を注意するとより現地らしいイタリア語の発音に近づけるよ!
 
 

「 断るとき」に使う言葉。

◆No, grazie(ノー グラッツィエ)
いいえ、結構です。

 断るときにつかう丁寧な言い方になります。

 

 ※ココを押さえたい!大人のイタリア語

断るときにただひとこと「ノー」- いいえ。

と返えすこともできますが、ぶっきらぼうで野暮な印象を与えてしまうため
丁寧な言い回し「ノー グラッツィエ」いいえ、結構ですを使うようにします。

 

また私が住んでいるローマのスペイン広場などでは、花などを売る物売りのひとたちをよく見かけ頻繁に勧誘をしてきてとても疲れるんですが、そういったひとたちに対しても買いたくないのであれば、まず最初の言葉としては「ノー グラッツィエ」といった丁寧な言葉を選び使うことが大人のマナーになってきます。

 

 断るときに使う言葉「ノー グラッツィエ」覚えるときのポイント!
「ノー」と「グラッツィエ」を別々に覚えるのではなく
「ノー グラッツィエ」と、ひとつのセットで覚えてしまいます。
そうするととっさのときに言葉がパッとでてきて実際のシチュエーションで楽に使えるようになります!
  

 「何か物などを渡すとき」などに使う言葉。

◆Prego(ペルメッソ)
1.どうぞ。2.どういたしまして。

1.人に何か物を(例えば、手紙、プレゼントetc.)を手渡すとき。

2.「Grazie!」(ありがとう)の返事としても使います。

  

【 大人のイタリア語 今日の復習 ♪】

では今日のまとめです。

「今日のポイント」一緒に復習をしてみましょう。

 

1.大混雑の電車の中、次の駅で降りたいのですが。

前には人が立っていて出口の前まで進むことができません。

さて、どうすればよいでしょう。

  動き出す前に
「 Permesso(ペルメッソ)」と声をかけてから通してもらいましょう。

 

2.バスの揺れで前に立っていた人に軽くぶつかってしまいました。

何と言えばよいのでしょうか。  

 「Sucusi(スクーズィ)」といえば、大丈夫です。

 

3.スペイン広場を歩いていたら、花売りが花を買わないかと尋ねてきました。

買いたくないのですが、まず最初の言葉としてどういった返答をしますか。

「No(ノー)」だけではなく、

「No, Grazie(ノー グラッツェ)」- いいえ、結構です。と丁寧な言葉を使って返すようにしましょう。

 

【最後に】

お店やレストランを利用するときに、大切なのは「挨拶をする」、「声をかけられたら必ず返事をする」といったことがなにより大切です。

前回「簡単!大人のイタリア語」のほうでもさらりと触れましたが、とっさにイタリア語が出てこないときには、世界各国どこでも通じる万国共通語「英語」で答えるなど、臨機応変に使うようにし、間違いを気にすることなく楽しく使っていけばOK!です。

   

【あわせて読みたい、関連情報リンク♪】 

 





Kasumiろぐ
在ローマ10年の私がお届け!「イタリアに行って、すぐ!役立つ」ローマ・イタリア最新情報

by BenciVenga Kasumi ROMA
Copyright(C) 2018-
All rights reserved.
No reproduction or republication without written.

すべてのコンテンツ(写真、記事、動画・画像等)の「無許可」による
引用・転載・複製・公衆送信・販売etc.の使用を禁じます。
※当サイトの著作権侵害・誹謗中傷・迷惑行為への対応と対処について※